塗装施工の流れ

本ページでは、外壁塗装施工を例に塗装工事の流れをご説明いたします。

  1. 仮設工事
    仮設工事

    足場資材を搬入し仮設工事を行います。 足場をきちんと組み、安全に塗装を行うことが出来る環境を作り、高い品質の仕上がりを実現します。

  2. 洗浄
    洗浄

    塗装前の洗浄はただ水をかけて洗う作業ではありません。

    汚れが残ったまま塗装をすると劣化の早い塗装になってしまいます。塗装前には高圧洗浄を丁寧におこない、汚れを徹底的に洗い落とします。

  3. 下地補修
    下地補修
    下地補修

    様々な原因により、壁面には傷や大きなひび割れが起きてきます。

    破損箇所には丁寧な下地補修を塗装前に行います。

  4. シーリング
    シーリング

    シーリングは外壁・屋根のひび割れの補修、隙間の処理、部材の端末処理、外壁材の繋ぎ目の処理まで非常に広い範囲で使用されています。

  5. 外壁塗装
    塗料の吸い込み、塗装むらの防止等のため、シーラーで下塗
    外壁シーラーで下塗り
    仕上げ塗装中塗り
    外壁仕上げ塗装中塗り
    仕上げ塗装上塗り
    外壁仕上げ塗装上塗り

    下地の処理を丁寧に行い、外壁塗装を下塗り・中塗り・上塗りの順に行います。

    刷毛・ローラーを使い分け、塗り残しや斑の無い塗装を行います。職人の腕の見せどころです。

  6. 付帯塗装
    汚れや錆を落とし、下地をきれいにするためにケレンを行います
    ケレンで汚れ・サビを落とし綺麗に
    錆止めで下塗り
    錆止めで下塗り
    仕上げ塗装中塗り
    仕上げ塗装中塗り
    仕上げ塗装上塗り
    仕上げ塗装上塗り

    塗装の対象は屋根・外壁だけではありません。軒天・破風板・雨樋・雨戸・水切りなど必要な箇所に塗装(付帯塗装)を行います。